白と緑のミクロの森

地衣類・蘚苔類と共に生きる─コケ学のススメ

さいたま市で見たノウタケ

2022年5月に、さいたま市の林の中の遊歩道に生えていた、ノウタケの仲間(Calvatia sp.)の写真です。

梅雨〜秋、林内地上、路傍等に普通に見られるようです。 中身の肉が真っ白であれば、食用になるとのことですが、 私はまだ、そのような状態のものを見たことがありません。

Calvatia sp. on soil in woods, Saitama, Saitama, Japan.

Article Info

created: 2022年 7月 17日 日曜日 10:06:48 JST
modified: 2022年 7月 17日 日曜日 10:06:48 JST
views: 453
keywords: 菌類, ノウタケ, fungi, Calvatia
prev:北軽井沢のコケと地衣類 next:川崎市で見たミズゴケ

Social Links



(C) 2020 Hiromitsu Nakajima